経営サポートの救世主|抜かりない空室対策|大家として成功する為の秘策

抜かりない空室対策|大家として成功する為の秘策

経営サポートの救世主

説明

契約更新に注意

マンションをお客さんに提供する賃貸サービスは自分で行っている人もいるでしょう。しかし結構管理が面倒なので大変です。サブリースを利用すればすべての管理業務を委託できるので便利といえます。そんなサブリースも利用する時に注意事項があるのです。契約期間が決まっていて大体30年の設定が殆どになります。その際一定期間で契約内容の更新をしないとだめです。すると家賃の見直しがなされるので料金は下がります。これはどこのマンション経営でも同じことなのですが、更新頻度が十余なのです。普通は2年から5年くらいで更新されます。中には10年近くは更新されないものもあって更新頻度の長いものにすると家賃の引き下げ頻度も減るのです。

何でも任せられる

実際にマンションのサブリースを行うとマンションの掃除からエレベーターの保守と点検までしてくれます。家賃滞納をしている入居者がいるときはその回収まで行ってくれるので人気です。マンションではネックとなる空室のリスクも心配する必要がありません。サブリース会社では空室時の家賃も保証しているので全く収入が発生しない事態にはならないです。そしてサブリースはどこまで任せられるのかも調整できます。うまく使うことで手数料の削減にもつながるためライフスタイルに合ったプランを選ぶと良いです。入居者を確保するためのアピールもすべて行ってくれます。広告を不動産屋に出す、そして入居希望者の各種手続きまでトータルで対応するのです。